CFA Level I

CFAとMBAを比較してみよう!



あなた
あなた
CFAとMBAではどちらを目指すべきでしょうか。
サイト運営者
サイト運営者
それぞれ見ていきましょう。

CFAとMBAは互いに補完し合う関係

  • CFAとMBAどちらが有益でしょうか?そりゃ、もちろんCFAでしょ!と、このサイト運用者である以上、言いたいところではありますが、冷静に回答させて頂くと、各人が置かれたシチュエーションで結論は異なるというのが一つの答えだと思います。それぞれの違いについて、以下眺めていきましょう。

最後までやり遂げる難しさ

  • CFAの出題範囲は広く、各レベルの試験に合格するためには大体300時間の勉強が必要と言われています(特に、英語を第二母国語とする日本人の場合、更に時間がかかると言われています)。
  • CFAを学ぶ多くの人は、仕事をしながら学習をしているため、仕事との両立が必要になります。日々の業務で忙しい中、この勉強時間を確保し続ける大変さがCFAを最後までやり遂げる難しさと言えます
  • 一方で、MBAの場合は入学するのは難しいと言われていますが、基本的には合格が保証されているケースが多いです(もちろんトップ大学の場合は状況が異なります)。

希少性について

  • CFAホルダーは世界中に約150,000名超(出所:CFA協会ホームページ)と言われていますが、次第に増えてはいるものの比較的少ない人数でありCFAは稀少性があると言えます。
  • 特に日本人の場合、約1,000名(出所:TACホームページ)でありかなりの希少性と言えます。MBAの場合は、毎年11.7百万人の入学申請があると言われており、比較的多いと言えます。

柔軟性について

  • CFA試験は非常にチャレンジングである一方で、柔軟性がある試験とも言えます。CFAは仕事を続けながら(業界内でのキャリアアップを続けながら)学習することが出来ますが、MBAは基本的には約2年間のキャリアストップを強いられることになります。
  • CFAの場合、仮に6ヶ月間で1日2時間〜3時間の時間を確保出来るのであれば順当にいけば合格に辿りつけるでしょう(実際にはその勉強時間の確保が難しいのですが・・・)。
  • MBAの場合は1日12時間〜15時間の学習を12ヶ月〜18ヶ月続ける必要があり、集中して学習する必要があります。

コスト面について

  • CFA資格はレベルI〜IIIの合計で、大体$3,000程度のコストで済みます(その後の年会費は含まないベース)。
  • MBAの場合は生活費等も含めて2年間で$200,000以上のコストがかかる上、その間給料も出ません。この違いは大きいでしょう。

経営面の知見について

  • MBAの利点としては幅広いビジネスとマネジメントの側面について学べる点が挙げられます。これらは経営層になった時に役立つ能力となるかと思います。
  • CFAは景気サイクルや政府の行動パターン、価値の測定方法を学びますが、どのようにチームを率いるか、ビジネスプランを書くか、成長戦略を描くか、といった内容は学びません。CFAは投資を行う人々のキャリアアップには繋がるが、リーダーシップの準備をするものでは無いとも言えます。

 

要点まとめ
  1. CFAは仕事を続けながら(キャリアアップをしながら)学習することができるがMBAは一般的に2年間のキャリアストップとなる。
  2. CFAは仕事との両立が難しく最後までやり遂げるのは(一般的に卒業が保証されている)MBAよりも困難とも言える。
  3. CFAはMBAと保有者数で比較すると希少性がある資格と言える。
  4. CFA取得にかかる費用はMBAよりも圧倒的に少ない。
  5. CFAはMBAと異なりビジネスやマネジメントの側面については学ぶことが出来ない。
サイト運営者
サイト運営者
色々と違いはあるけど、みんなの置かれた環境でCFAかMBAを選べば良いと思います!
【(実録)〜CFA学習TIPS運営者 あよもてぃ〜 CFA受験記 Ver1.0】
サイト運営者
サイト運営者
CFA受験記を電子書籍(PDF)に纏めましたので、是非、勉強の合間にご確認下さい!

サイト運営者「あよもてぃ」が経験した、Level I受験開始からLevel III合格までの道のりを公開させて頂きます。各Levelの受験要領を纏めていますので、参考にして見てください。

サンプルを読んでみる✊(リンク

 

サイト運営者
サイト運営者
是非、勉強の合間に是非お読み下さい!
合格祈願!(太宰府参宮 鉛筆)

運も味方に付けて、絶対に合格しよう!

Schweser Notes Level I (2020年版)

早く勉強を開始して合格を勝ち取ろう!

CFA受験ガイドブック(レベルI)

先ずはガイドブックを片手に勉強を進めて行きましょう!

CFA受験ガイドブック(レベルII)

レベルII受験生でもサポート教材があると安心です。

CFA受験のためのファイナンス講義(計量分析編)

計量分析が不得意な人は日本語でじっくりと学ぶことをお勧めします。

CFA受験のためのファイナンス講義(経済編)

経済を学んだことがない人には役立つ本になると思います!

CFA受験のためのファイナンス講義(証券・債券・デリバティブ編)

金融業界出身で無い方は是非こちらで基礎を学んで下さい!