Level I Contents

【CFA Level I】Portfolio Management演習

Portfolio Management

問題1
  • 以下情報がある時にポートフォリオの標準偏差はいくらか。
  • 資産A(25%)、資産B(75%)。
  • σ_A(17.9%)、σ_B(6.2%)、相関ρ(0.5)。
解答

σ_p

= √(0.25^2 * 0.179^2 + 0.75^2 * 0.062^2 + 2 * 0.25 * 0.75 * 0.179 * 0.062 * 0.5)

= 7.90%

問題2
  • CAPMを用いてExpected returnを求めよ。

Risk Free Rate = 5%

Market Risk Premium = 8%

Beta = 1.5

解答

5(%) + 1.5 * 8(%) = 17(%)

問題3
  • ノンコア資産を売却すると決定した。
  • アナリストはA社の利益の標準偏差は30%に上昇すると考え、マーケットポートフォリオとの相関は0.8と見ている。
  • マーケットポートフォリオの収益の標準偏差は15%に下げると見ている。
  • Risk Free Rateが6%、マーケットリスクプレミアムが8%とする。
  • A社の予想収益を求めよ。
解答
  • CAPMを用いて算出する。まずは、βを算出する。

β

= (相関 × A社ポートフォリオ標準偏差) / マーケットポートフォリオ標準偏差

= 0.8 * 0.3 / 0.15

= 1.6

予想収益

= Risk Free Rate + β{リスクプレミアム}

= 6% + 1.6 * 8%

= 18.8%

問題4
  • 以下の内、どの機関投資家のTime Horizon(投資機関)が長くリスク許容度が高いか。
  1. Endowment
  2. 保険会社
  3. 銀行
解答
  • Endowment
問題5
  • 以下の内、どの項目が個人投資家のリスク許容度を決定する要因の一つwillingnessに影響するか(参考:もう一つはability)。
  1. Expected income
  2. Personality type
  3. Time horizon
解答
  • Personality Type
  • 他はabilityに関係する。
問題6
  • 以下情報を用いて、共分散(Covariance)を求めよ。
項目 Asset1 Asset2
ポートフォリオ比率 0.6 0.4
分散 3.5% 1.5%

相関:0.8

解答

共分散

= 相関 * σ1 * σ2

= 0.8 * √(3.5%) * √(1.5%)

= 1.8%

問題8
  • とあるファンドはシンガポール政府の債券(満期3ヶ月以内)に投資をしている。以下の内どれにカテゴライズされるか。
  1. Fixed-income arbitrage fund.
  2. Money market fund.
  3. Bond mutual fund.
解答
  • Money market funds
CFA受験ガイドブック(Level II)<新発売>

CFA Level II Candidate待望の日本語参考書になります!(2020年3月発売)最新のFintechやコーポレートガバナンスもカバーされています。

CFA受験のためのファイナンス講義(計量分析編)

Level I & II のQuantitative Methodsを日本語で学ぶことが可能。CFA学習Tips運営者も推奨。

CFA受験ガイドブック(レベルI)

初めてCFAを受験する方はこちらを読んで全体像を理解しましょう!各単元の主要なポイントも日本語で幅広に確認することが出来ます。

CFA受験のためのファイナンス講義(経済編)

Level I〜II Economicsを日本語で学習するのに有用。経済を学んだことがある人も無い人もCFA試験でカバーされる領域を眺められるので有用。

CFA受験のためのファイナンス講義(証券・債券・デリバティブ編)

CFA Level I〜IIのEquity, Fixed Income, Derivativesを日本語で学ぶ際に有用。CFA学習Tips運営者お勧めの参考書。