Level I Contents

【CFA Level I】Financial Reporting and Analysis

【R19】財務諸表分析導入
(Financial Statement Analysis: An Introduction)

(1)導入(Introduction)
(2)財務諸表分析の範囲(Scope of Financial Statement Analysis)
(3)主要な財務諸表と他の情報(Major Financial Statements and Other Information Sources)
(4)財務諸表分析のフレームワーク(Financial Statement Analysis Framework)

【R20】財務報告基準:Financial Reporting Standards

(1)導入(Introduction)
(2)財務報告の目的(Objective of Financial Reporting)
(3)会計基準設定団体と規制当局(Standard-Setting Bodies and Regulatory Authorities)
(4)会計基準の収斂(Convergence of Global Financial Reporting Standards)
(5)国際会計基準(The International Financial Reporting Standards Framework)
(6)効果的な会計報告(Effective Financial Reporting)
(7)国際会計基準と他の会計方法の違い(Comparison of IFRS with Alternative Reporting Systems)
(8)会計報告基準のモニタリング(Monitoring Developments in Financial Reporting Standards)

【R21】損益計算書を理解する:Understanding Income Statements

(1)導入(Introduction)
(2)損益計算書の内容とフォーマット(Components and Format of the Income Statement)
(3)収益認識について(Revenue Recognition)
(4)経費認識について(Expense Recognition)
(5)繰り返し発生しない項目や非営業項目(Non-Recurring Items and Non-Operating Items)

(6)1株当たり利益(Earnings Per Share)

(6)-1 単純な資本構造と複雑な資本構造

1株当たり利益(EPS)は⾮常に重要な収益性の指標で、普通株1株当たりの利益を⽰しています。EPSに関連するいくつかの基本的な⽤語は次の通りです。

潜在的希薄化証券(Potentially dilutive securities)

普通株式に転換出来る有価証券は潜在的希薄化証券と呼ばれます。これには、転換社債(convertible bonds)、転換優先株式(convertible preferred stock)、及び、従業員のストックオプションが含まれます。

単純な資本構造(Simple capital structure)

企業が潜在的に希薄化する証券を持たない場合、単純な資本構造を持っていると⾔われます。

複雑な資本構造(Complex capital structure)

企業が潜在的に希薄化する証券を保有している場合、複雑な資本構造を持っていると⾔われます。

希薄化証券(Dilutive Securities)

権利⾏使時にEPSを低下させる可能性がある証券は、希薄化証券(dilutive security)と呼ばれます。

反希薄化証券(Antidilutive security)

権利⾏使されるとEPSを増加させる可能性がある証券は、反希釈化証券(Antidilutive security)と呼ばれます。

(6)-2 Basic EPS

通常、EPSは次のように計算されます。

\(Basic\ EPS = \frac{Net\ income\ -\ Preferred\ dividends}{Weighted\ average\ number\ of\ shares\ outstanding}\)

加重平均発⾏済株式数(Weighted average number of shares outstanding)は、年間の発⾏済株式数であり、発⾏後の期間で加重平均されています。株式分割と株式配当は年初に遡って適⽤し、⼀貫性を保つため、従来の株は新しい株に変換されます。

例題

2018年、ABC社の純利益は$100,000でした。優先株主への配当として$22,000、普通株主への配当として$12,000ドルを⽀払いました。

2018年の発⾏済普通株式数は以下の通りです。

2018年1⽉1⽇ 株式数:10,000株
2018年7⽉1⽇ 追加株式発⾏:2,000株

2018年の会社のEPSを計算せよ。

解答

最初の6か⽉間が10,000株、残りの6か⽉間が12,000株。従って、加重平均発⾏済株式数 = 10,000 x 6/12 + 12,000 x 6/12 = 11,000株。

\(Basic\ EPS = \frac{$100,000\ -\ $22,000}{11,000}\ =\ $8\)

(6)-3 Diluted EPS

通常のEPS計算とは異なり、Diluted EPSでは、潜在的に希薄化する証券の影響を考慮します。企業が複雑な資本構造を持っている場合、Basic EPSとDiluted EPSの両⽅を報告する必要があります。Diluted EPSは次のように計算されます。

\(Diluted\ EPS\ =\ \frac{Net\ Income\ +\ After\ tax\ interest\ -\ Preferred\ dividend\ +\ convertible\ preferred\ dividends}{Weighted\ Average\ Shares\ +\ New\ shares\ if\ convertible\ debt\ is\ converted}\)

優先株については、分⼦から優先株配当を差し引き、普通株に変換された新しい株式を分⺟に追加する必要があります。

例題

2018年、ABC社の純利益は$100,000でした。優先株主には$22,000、普通株主には$12,000の配当を⽀払いました。優先株は2,200株、2018年の発⾏済普通株は11,000株でした。優先株1株で普通株2株に転換出来ます。会社のDiluted EPSを計算せよ。

解答

転換時に発⾏される普通株式の数= 2,200 x 2 = 4,400

\(Diluted\ EPS\ =\ \frac{NI\ +\ conv\ debt\ int\ (1\ -\ t)\ -\ pref\ div\ +\ conv\ pref\ div}{Wt\ avg\ shares\ +\ New\ shares\ issued}\)

\(Diluted\ EPS\ =\ \frac{$100,000\ +\ 0\ -\ $22,000\ +\ $22,000}{11,000\ +\ 4,400}\ =\ $6.5\)

例題

2018年、ABC社の純利益は$100,000でした。2018年の同社の資本構成が次の通りの時、Diluted EPSを計算せよ。

普通株 : 11,000
額⾯ : $100
クーポン : 10%
転換社債:1,000 → 5,000株に転換可能
会社の税率:30%

解答

転換時に発⾏される普通株式の数 = 5,000
債券の⽀払利息= 100 x 1,000 x 10%= $10,000

\(Diluted\ EPS\ =\ \frac{NI\ +\ conv\ debt\ int\ (1\ -\ t)\ -\ pref\ div\ +\ conv\ pref\ div}{Wt\ avg\ shares\ +\ New\ shares\ issued}\)

\(Diluted\ EPS\ =\ \frac{$100,000\ +\ $10,000\ ×\ 0.7\ -\ $0\ +\ $0}{11,000\ +\ 5,000}\ =\ $6.69\)

例題

2001年度のABC社純利益は$100,000でした。優先株主には$22,000、普通株主には$12,000の配当を⽀払いました。2001年の同社資本構成は次の通りです。
Diluted EPSを計算せよ。

普通株11,000株
ストックオプション 1,000(⾏使価格$20)
2001年度中、株価の平均市場価格 $25

解答

転換時に発⾏される普通株式の数 = 1,000
オプション⾏使による現⾦収⼊= 1,000 x 20 = $20,000
当該収入を使って平均市場価格で購⼊できる株式数= 20,000ドル/ 25 = 800
発⾏済み普通株式の純増加= 1,000 – 800 = 200

\(Diluted\ EPS\ =\ \frac{NI\ +\ conv\ debt\ int\ (1\ -\ t)\ -\ pref\ div\ +\ conv\ pref\ div}{Wt\ avg\ shares\ +\ New\ shares\ issued}\)

\(Diluted\ EPS\ =\ \frac{$100,000\ +\ $0\ -\ $22,000\ +\ $0}{11,000\ +\ 200}\ =\ $6.96\)

(6)-4 EPSの変更

⼀般にEPSは、⑴純利益の増加、⑵発⾏済株式数の減少 によって大きくなる可能性があります。

(7)損益計算書の分析(Analysis of the Income Statement)

(8)包括利益(Comprehensive Income)

その他包括利益(Other comprehensive income:OCI)

OCIには、純利益(Net income)に含まれない取引が含まれます。

IFRSとUS GAAPの両⽅でOCIとして扱われる項⽬は以下4つです。

  1. Available for saleに分類される有価証券からの未実現利益/損失(Unrealized gains/losses)。
  2. 外貨換算調整勘定(Foreign currency translation adjustments)。
  3. ヘッジを目的としたデリバティブ契約の未実現利益/損失(Unrealized gains/losses)。
  4. 必要年⾦債務の調整。

これら項⽬に加えて、IFRSの下では、(Cost Modelでは無く)Revaluation Model[再評価モデル]を使⽤して測定される固定資産の価値変化額が含まれます。加えて、IFRSではOCIから損益計算書に項目を再分類することは出来ません。

包括利益(Comprehensive income)

包括利益は、株主との取引に起因するものを除いて、株主資本への全ての変化を測定します(例えば、⽀払われた配当と買い戻された株式は包括利益に含まれません)。包括利益は、IFRSとUS GAAPの両⽅で概念的には同じです。純利益とその他包括利益(OCI)の合計になります。

【R22】貸借対照表を理解する:Understanding Balance Sheets

(1)導入(Introduction)
(2)バランスシートの内容とフォーマット(Components and Format of the Balance Sheet)
(3)流動資産と流動負債(Current Assets and Current Liabilities)
(4)固定資産(Non-Current Assets)
(5)固定負債(Non-Current Liabilities)
(6)株式(Equity)
(7)バランスシートの分析(Analysis of the Balance Sheet)

【R23】キャッシュフロー計算表を理解する:Understanding Cash Flow Statements

(1)導入(Introduction)
(2)キャッシュフロー計算書の内容とフォーマット(Components and Format of the Cash Flow Statement)
(3)キャッシュフロー計算書(The Cash Flow Statement: Linkages and Preparation – Part1)
(3)キャッシュフロー計算書(The Cash Flow Statement: Linkages and Preparation – Part2)
(4)キャッシュフロー計算書分析(Cash Flow Statement Analysis)

【R24】財務分析手法:Financial Analysis Techniques

(1)導入(Introduction)
(2)財務分析のプロセス(The Financial Analysis Process)
(3)分析ツールと技術(Analytical Tools and Techniques)
(4)財務分析で利用する指標(Common Ratios Used in Financial Analysis)
(5)株式分析(Equity Analysis)
(6)クレジット分析(Credit Analysis)
(7)ビジネスと国セグメント(Business and Geographic Segments)
(8)モデルの構築と将来予測(Model Building and Forecasting)

【R25】在庫:Inventories

(1)導入(Introduction)
(2)在庫コスト(Cost of Inventories)
(3)在庫評価手法(Inventory Valuation Methods)
(4)Last In First Out 手法(The LIFO Method)
(5)在庫評価手法の変更(Inventory Method Changes)
(6)在庫調整(Inventory Adjustments)
(7)在庫管理評価(Evaluation of Inventory Management)

【R26】固定資産:Long-lived Assets

(1)導入(Introduction)
(2)固定資産の取得(Acquisition of Long-Lived Assets)
(3)固定資産の減価償却(Depreciation and Amortization of Long-Lived Assets)
(4)再評価モデル(Revaluation Model)
(5)資産の減損(Impairment of Assets)
(6)減価償却(Derecognition)
(7)表示と開示(Presentation and Disclosures)
(8)投資用不動産(Investment Property)
(9)リース(Leasing)

【R27】所得税:Income Taxes

(1)導入(Introduction)
(2)会計上利益と税務上利益の違い(Differences Between Accounting Profit and Taxable Income)
(3)資産と負債に対する課税対象の決定(Determining the Tax Base of Assets and Liabilities)
(4)税務上収益と会計上収益の一時差異と永久差異(Temporary and Permanent Differences between Taxable and Accounting Profit)
(5)利用していない税金欠損金と税額控除金(Unused Tax Losses and Tax Credits)
(6)当期税金と繰延税金の突合と計測(Recognition and Measurement of Current and Deferred Tax)
(7)表示と開示(Presentation and Disclosure)
(8)U.S. GAAPとIFRSの比較(Comparison of U.S. GAAP and IFRS)

【R28】固定負債:Non-current(Long-term) Liabilities

(1)導入(Introduction)
(2)債券取引(Bonds Payable)
(3)リース負債(Leases)
(4)年金と退職給付(Pensions and Other Post Employment Benefits)
(5)支払い能力の評価(Evaluating Solvency)

【R29】財務報告の質:Financial Reporting Quality

(1)導入(Introduction)
(2)概念的な視点(Conceptual View)
(3)財務報告の質を評価する背景(Context for Assessing Financial Reporting Quality)
(4)財務報告の質に関する問題の発見(Detection of Financial Reporting Quality Issues)
(5)結論(Conclusion)

【R30】財務諸表分析の応用:Financial Statement Analysis: Applications

(1)導入(Introduction)
(2)応用:過去の財務パフォーマンス評価(Application: Evaluating Past Financial Performance)
(3)応用:将来の財務パフォーマンス評価(Application: Projecting Future Financial Performance)
(4)応用:クレジットリスク評価(Application: Assessing Credit Risk)
(5)応用:潜在的な株式投資のスクリーニング(Application: Screening for Potential Equity Investments)
(6)アナリストによる財務報告内容の調整(Analyst Adjustments to Reported Financials)

上司
上司
頑張ろう!
Schweser Notes Level I (2020年版)

CFA学習Tips運営者が推薦するSchweser Notesです。2020年12月受験の方はこちらを使って勉強しよう!

CFA受験ガイドブック(レベルI)

初めてCFAを受験する方はこちらを読んで全体像を理解しましょう!各単元の主要なポイントも日本語で幅広に確認することが出来ます。

CFA受験ガイドブック(Level II)<新発売>

CFA Level II Candidate待望の日本語参考書になります!(2020年3月発売)最新のFintechやコーポレートガバナンスもカバーされています。

CFA受験のためのファイナンス講義(計量分析編)

Level I & II のQuantitative Methodsを日本語で学ぶことが可能。CFA学習Tips運営者も推奨。

CFA受験のためのファイナンス講義(経済編)

Level I〜II Economicsを日本語で学習するのに有用。経済を学んだことがある人も無い人もCFA試験でカバーされる領域を眺められるので有用。

CFA受験のためのファイナンス講義(証券・債券・デリバティブ編)

CFA Level I〜IIのEquity, Fixed Income, Derivativesを日本語で学ぶ際に有用。CFA学習Tips運営者お勧めの参考書。