CFA Level Ⅰ

【受験者別】CFA試験の学習方法とポイントを徹底解説!

はじめに

今、この記事を読んで下さっている方には社会人になりたての人もいれば学生の方、あるいはベテランの方もいるでしょう。CFA試験は各人が置かれた状況に応じて学習方法を上手くアレンジしていくことでよりスムーズに合格まで辿り着くことが出来ます。

この記事では、受験者層別に想定されるスキルセットとその前提に基づく学習方法について解説し、合格への道筋を示します。

サイト運営者
サイト運営者
自分と似た状況のパターンを参考に受験のイメージを膨らませてみましょう!

CFA試験合格に向けた基本的な勉強スタイルの確立

CFA試験に向けた基本的な学習方法は、「学習スケジュールの確立」→「教材読み込みによる知識のインプット」→「演習によるアウトプット」です。それぞれ効率良く行ってスムーズにCFA試験合格まで辿り着きましょう!

①スケジュール作成

  • 受験日を確定し、その日に向けて学習計画を立てます。受験日の約2ヶ月前までに各科目の学習を終えて、残りは演習問題に集中出来るようなスケジュールを組むのが理想です。
  • CFA学習Tips Secret Sauceではスケジュールの作成から日本語による要点集提供など幅広なサポートをしております。

②教材の読み込み(インプット)

CFA学習Tips Secret Sauce要点集、Schweser Notes

  • 公式テキストは申し込み後全員がアクセスできますが、分量が多く内容が細かいため、Level III を除き、Schweser Notes等の参考書で勉強するのが一般的です。
  • スケジュールに沿って項目ごとにSchweser Notesを読み進めて理解を深めていきましょう。
  • Schweserを読み進める前にCFA学習Tipsの日本語要点集と説明動画を活用すると効果的に内容把握が可能です。

③演習問題をこなす(アウトプット)

CFA協会提供の問題(Practice Problems, Mock Exams)

  • 教材の読み込み(インプット)が終わり知識が定着したら、試験に向けて問題演習を重ねていきます。CFA協会が提供する問題をひたすら解きましょう。CFA学習Tipsでは協会の問題を日本語で1,700問以上解説するコンテンツを提供しています。これらコンテンツを効果的に利用し、学習を進めていきましょう。
サイト運営者
サイト運営者
基本的な学習計画の立て方と勉強方法はこんな感じです!次は受験者層別のパターンを見ていきましょう!

置かれた状況に応じて学習方法を確立させよう!

CFA資格の合格には十分な勉強時間を確保することが必要不可欠ですが、実際には日々の仕事や学校生活、家庭の事情などで時間的な余裕が無いケースが殆どです。また、金融知識についても、経験豊富な人から初心者まで幅広くいらっしゃいます。

ここからはサイト運営者がこれまで多くの受験生に出会ってきた経験をもとに、受験生を大まかに分類し、それぞれの状況に応じた学習方法を解説します!

サイト運営者
サイト運営者
私の経験値をベースに書いていますので必ずしも当てはまらないケースもあります。参考値としてお使いください!
  • 大学生 Aさん

受験動機:外資系金融機関の入社前に課題として課せられるケース、また、就職活動時に備えて意識高く受験を決意するケース。

ポイント:大学の授業等で触れたことがある方もいるかもしれないが、金融分野を専門的に学んでいたり、業務で実際に携わったりしたことがある方は恐らく稀。金融知識はそこまでない一方で、自分のために使える時間が多いのが、Aさんタイプの特徴。「馴染みのない金融専門知識を英語でインプットし理解する」という点に苦労する方が多くみられる。「勉強に使える時間が比較的多いため、一つ一つ時間をかけながら着実に勉強を進めていくこと」が大切。

勉強方法例

  • Schweser Notes × CFA学習Tips 要点集 × CFA協会提供の演習問題(CFA学習Tips日本語解説):英語で学ぶことにそこまで障壁がなく金融知識もそこそこにある方は、CFA学習TipsのSecret Courseを活用して、提供される日本語の要点集と動画で全体像を把握した後に、Schweser Notes等の英語テキストを読み進めるという勉強法が良い。「TACは費用が高すぎる(約20万円)……」「もっと学習効率を上げたい」という方もお勧め。学習スケジュールや勉強方法をCFA学習Tips運営者に相談も可能。
    TACを利用するよりも低コストかつ短期間で全体像を把握可能。学習戦略/学習スケジュールのアドバイスも貰えるため、安心して勉強を進められる。CFA学習Tips運営者が全力でサポートをさせて頂きます!
  • 証券アナリスト試験等を受けて知識をつけた後、CFAに挑戦する。
    金融知識が無く、英語も苦手、という方は先ずは証券アナリスト試験を受験して知識をつけた後にCFAに挑戦するのも選択肢の一つ。日本語で知識を定着させた上でCFA試験に臨むことで、合格確率は大幅にアップするでしょう。
  • 社会人1~2年目 Bさん

受験動機:将来の海外駐在やグローバル金融領域での活躍を目指し、キャリアアップを見据えて勉強を開始するケース。金融機関(証券会社/商業銀行/生命保険/損害保険)や金融系コンサル勤務に多い。

ポイント:新卒入社後、研修期間であったり、職務がそこまで重くないなどで比較的時間に余裕があるケース。但し、新しい環境で覚えることも多く、学生ほど自由に使える時間はない状況。「慣れない環境の中、仕事と両立して学習を進めていけるか」がポイント。出題範囲が被っているので、証券アナリストとCFAの同時受験を試みるのも一案。但し、時間が取りづらい方、英語が苦手で金融知識もそこまで無い方は、焦らずに日本語の証券アナリスト試験を終わらせてからCFA試験に挑むのが良いだろう。英語に障壁はなく金融知識も相応にあるという方はぜひCFAからチャレンジしよう

勉強方法例

  • Schweser Notes × CFA学習Tips 要点集 × CFA協会提供の演習問題(CFA学習Tips演習動画):既に相応に金融知識があると想定されるので、CFA学習Tips Secret Courseを利用して各項目の全体像を把握し、Schweser Notesを熟読の上、演習を繰り返す方法がお勧め
    学習スケジュールや困ったときにチャットで相談しつつ合格を勝ち取りましょう!
  • 30代前後の社会人 Cさん

受験動機:業務上、グローバル金融領域や海外拠点運営などに携わる中で、金融知識を体型立てて学びたいという欲求から勉強を開始するケース。また、キャリアチェンジを意識する中でCFA資格が転職活動に使えると思い受験を決意するケース。

ポイント:社会人経験も豊富で業務上独り立ちしており、自身で時間を管理出来るケースが多い。但し、学生のように勉強時間を十分に確保できるわけではなく、「仕事や家庭に時間を割り当てつつ、受験勉強のための時間の確保」に苦労しがち。CFA試験勉強は予想以上に時間がかかる。「いかに要点を押さえ、効率よく勉強を進められるか」がポイントになる。

勉強方法例

  • Schweser Notes × CFA学習Tips 要点集 × CFA協会提供の演習問題(CFA学習Tips演習動画)
    このセットで学習を進めるのが最適だろう。各自状況に応じた学習戦略とスケジュール設定をCFA学習Tips運営者と共に定め(Secret Sauce)、日本語の纏めと動画で要点を押さえてSchweser Notesを読み進める。そして、各単元が終わるたびにCFA協会の章末問題(Practice Proglems)の日本語説明動画で知識定着を図る。
  • 海外在住経験者 Dさん

受験動機:海外駐在や海外ローカル勤務中にCFAの有用性に気付いて受験を決意するケース。

ポイント:海外経験があるため英語慣れしており、業務上金融知識も相応に身に付けている。CFA資格の有用性に確信を持っており、能力的にもアドバンテージが大きいと考えられる。とはいえ、数千ページもの分量の学習をコツコツ進めていくことは想像以上に骨が折れるため、「周りに似た境遇の受験生が少ない中、いかにモチベーションを維持できるか」がポイントになる。要点を把握しながら効率よく学習を進めていくのが賢いやり方。

勉強方法例
(Cさんと同じ勉強法に沿って学習を進めつつ、海外勤務でコミュニティに参加しづらいということで、CFA学習Tipsコミュニティに参加)

  • CFA学習Tipsコミュニティ:CFA学習Tips Secret Sauceでは、CFA受験者の憩いの場を提供。受験仲間を見つけ、定期的に交流することでモチベーション維持に繋げられる。
  • USCPAや日本CPA、証券アナリスト保有者 Eさん

受験動機:USCPAや日本の公認会計士資格取得後の新しいチャレンジとして。証券アナリスト取得後の次のステップとして受験を決意。

ポイント:USCPAや日本の公認会計士資格保有者は、財務諸表分析・経済学分野の知識を身に付けている点、そして何より勉強をする習慣がついている点に強みがある。また、USCPA保有者は英語で学ぶことに慣れている点、日本の公認会計士資格保有者は、難関資格取得に向けて勉強を積み重ねた継続力がアドバンテージになる。また、証券アナリスト保有者の場合は、CFAレベル1の学習内容はほぼ網羅できていると言える。その反面、日本語の知識を英語に結び付けるための英語での学習や、Ethicsなどの特殊な項目は訓練が必要。「自身の苦手分野やCFAにおける出題ポイントを把握し、効率よく学習を進めていくこと」が彼らのポイントなる。

勉強方法例

  • Schweser Notes × CFA学習Tips 要点集 × CFA協会提供の演習問題(CFA学習Tips演習動画)
    CさんやDさんと同じく、このセットで学習を進めるのが最適。各自状況に応じた学習戦略とスケジュール設定をCFA学習Tips運営者と共に定め(Secret Sauce)、日本語の纏めと動画で要点を押さえてSchweser Notesを読み進める。各単元が終わるたびにCFA協会の章末問題(Practice Proglems)で知識定着を図る。

最後に!CFA試験に挑戦する前に知っておくべきこと

最後に、「絶対にやり切るんだ!」という心構え・意欲は、CFA試験に挑戦する上で欠かせない要素です。この試験はとても厳しい試験であり、合格には辛抱強い努力と忍耐力が求められます。挫折や困難に直面しても、諦めずに継続して努力を積み重ねる覚悟が必要です。試験の準備期間は長く、時には苦しいこともあるかもしれませんが、目標に向かって着実に進んでいく心構えが重要になります。

CFA学習Tipsはあなたの味方です。ぜひ最後までやり切りましょう。

まとめ

CFA試験は、金融業界で高い評価を受ける、専門性の高い資格です。その難易度や範囲の広さから、受験者にとっては大きな挑戦となることも事実ですが、適切な勉強計画と学習方法を選べば、必ず合格への道は拓けます。ぜひ、この記事を参考に、自分に最適な勉強方法を見つけて、CFA取得に向けて努力してみてください。

サイト運営者
サイト運営者
一緒に頑張っていきましょう!応援しています!
【極秘】CFA Level I 日本語で合格まで徹底サポート 〜CFA学習Tips Secret Sauce〜 ...

ノウハウを整理した7日間のメール無料講座もあるのでぜひ参考にして下さい!

CFA Level I 日本語要点集付き!7日間メール講座【CFA Level I 最短合格方法!】 CFA試験に最短で合格するには、初期段階での試験詳細の把握と適切な勉強方法の理解、学習順序の設定、試験日までのスケジュール管理が...