2024

【CFA レベルⅠ】2024年受験 学習項目一覧!

2024年レベルⅠ試験の学習内容について知りたいです!
サイト運営者
サイト運営者
2024年は、計量分析や経済の比重が減って、株式投資や債券の比重が増えていますよ!一緒に見てみましょう!

CFA レベルⅠの全体像について

Chartered Financial Analyst(CFA)を目指そうと思い立ったら! このページでは、CFA資格を目指す意義について理解し、CFA受験を思い立ってからレベル1を受験するまでの流れ、学習内容/試験...

学習項目一覧

計量分析
(Quantitative Methods)

6~9%

  1. 金利とリターン
    (Rates and Return)
  2. 金融における貨幣の時間価値
    (Time Value of Money in Finance)
  3. 資産リターンの統計的尺度
    (Statistical Measures of Asset Returns)
  4. 確率木と条件付期待値
    (Probability Trees and Conditional Expectations)
  5. ポートフォリオ数理
    (Portfolio Mathematics)
  6. シミュレーションの手法
    (Simulation Methods)
  7. 推定と推論
    (Estimation and Inference)
  8. 仮説検定
    (Hypothesis Testing)
  9. 独立性検証のためのパラメトリック検定とノンパラメトリック検定
    (Parametric and Non-Parametric Tests of Independence)
  10. 単回帰
    (Simple Linear Regression)
  11. ビッグデータ技術入門
    (Introduction to Big Data Techniques)
経済
(Economics)

6~9%

  1. 企業と市場構造
    (The Firm and Market Structures)
  2. ビジネスサイクルの理解
    (Understanding Business Cycles)
  3. 財政政策
    (Fiscal Policy)
  4. 金融政策
    (Monetary Policy)
  5. 地政学の入門
    (Introduction to Geopolitics)
  6. 国際貿易
    (International Trade)
  7. 資本流動と外国為替市場
    (Capital Flows and the FX Market)
  8. 為替レートの計算
    (Exchange Rate Calculations)
ポートフォリオマネジメント
(Portfolio Management)

8~12%

  1. ポートフォリオのリスクとリターン:パートI
    (Portfolio Risk and Return: Part I)
  2. ポートフォリオのリスクとリターン:パートII
    (Portfolio Risk and Return: Part II)
  3. ポートフォリオ管理:概要
    (Portfolio Management: An Overview)
  4. ポートフォリオの計画と構築の基礎
    (Basics of Portfolio Planning and Construction)
  5. 個人の行動バイアス
    (The Behavioral Biases of Individuals)
  6. リスク管理の入門
    (Introduction to Risk Management)
企業発行体
(Corporate Issuers)

6~9%

  1. 組織形態、法人発行者の特徴、所有権
    (Organizational Forms, Corporate Issuer Features, and Ownership)
  2. 投資家と他のステークホルダー
    (Investors and Other Stakeholders)
  3. 企業統治:対立、メカニズム、リスク、利益
    (Corporate Governance: Conflicts, Mechanisms, Risks, and Benefits)
  4. 運転資本と流動性
    (Working Capital and Liquidity)
  5. 資本投資と資本配分
    (Capital Investments and Capital Allocation)
  6. 資本構造
    (Capital Structure)
  7. ビジネスモデル
    (Business Models)
財務報告と財務分析
(Financial Statement Analysis)

11~14%

  1. 財務諸表分析入門
    (Introduction to Financial Statement Analysis)
  2. 損益計算書の分析
    (Analyzing Income Statements)
  3. 貸借対照表の分析
    (Analyzing Balance Sheets)
  4. キャッシュフロー計算書の分析I
    (Analyzing Statements of Cash Flows I)
  5. キャッシュフロー計算書の分析II
    (Analyzing Statements of Cash Flows II)
  6. 棚卸資産の分析
    (Analysis of Inventories)
  7. 長期資産の分析
    (Analysis of Long-Term Assets)
  8. 長期負債と株主資本に関するトピック
    (Topics in Long-Term Liabilities and Equity)
  9. 所得税の分析
    (Analysis of Income Taxes)
  10. 財務報告の品質
    (Financial Reporting Quality)
  11. 財務分析の手法
    (Financial Analysis Techniques)
  12. 財務諸表モデリング入門
    (Introduction to Financial Statement Modeling)
株式投資
(Equity Investments)

11~14%

  1. 市場の組織と構造
    (Market Organization and Structure)
  2. 証券市場指数
    (Security Market Indexes)
  3. 市場の効率性
    (Market Efficiency)
  4. 株式証券の概要
    (Overview of Equity Securities)
  5. 企業分析:過去と現在
    (Company Analysis: Past and Present)
  6. 産業および競争分析
    (Industry and Competitive Analysis)
  7. 企業分析:予測
    (Company Analysis: Forecasting)
  8. 株式評価:概念と基本的なツール
    (Equity Valuation: Concepts and Basic Tools)
債券
(Fixed Income)

11~14%

  1. 債券の特徴
    (Fixed-Income Instrument Features)
  2. 債券のキャッシュフローと種類
    (Fixed-Income Cash Flows and Types)
  3. 債券の発行と取引
    (Fixed-Income Issuance and Trading)
  4. 企業発行体の債券市場
    (Fixed-Income Markets for Corporate Issuers)
  5. 政府発行体の債券市場
    (Fixed-Income Markets for Government Issuers)
  6. 債券価値:価格と利回り
    (Fixed-Income Bond Valuation: Prices and Yields)
  7. 債券における利回りと利回りスプレッドの指標
    (Yield and Yield Spread Measures for Fixed-Rate Bonds)
  8. 変動利付債における利回りとスプレッドの指標
    (Yield and Yield Spread Measures for Floating-Rate Instruments)
  9. 金利の期間構造:スポット、パー、およびフォワードカーブ
    (The Term Structure of Interest Rates: Spot, Par, and Forward Curves)
  10. 金利リスクとリターン
    (Interest Rate Risk and Return)
  11. 利回りベースの債券デュレーションの指標と特性
    (Yield-Based Bond Duration Measures and Properties)
  12. 利回りベースの債券コンベクシティとポートフォリオの特性
    (Yield-Based Bond Convexity and Portfolio Properties)
  13. イールドカーブや経験に基づく債券リスクの指標
    (Curve-Based and Empirical Fixed-Income Risk Measures)
  14. 信用リスク
    (Credit Risk)
  15. 政府発行体の信用分析
    (Credit Analysis for Government Issuers)
  16. 企業発行体の信用分析
    (Credit Analysis for Corporate Issuers)
  17. 証券化商品
    (Fixed-Income Securitization)
  18. 資産担保証券(ABS)の特徴
    (Asset-Backed Security (ABS) Instrument and Market Features)
  19. 住宅担保証券(MBS)の特徴
    (Mortgage-Backed Security (MBS) Instrument and Market Features)
デリバティブ
(Derivatives)

5~8%

  1. デリバティブ商品とデリバティブ市場の特徴
    (Derivative Instrument and Derivative Market Features)
  2. 将来取引予約と条件付請求権の特徴と商品
    (Forward Commitment and Contingent Claim Features and Instruments)
  3. デリバティブの利点、リスク、発行者および投資家の使用法
    (Derivative Benefits, Risks, and Issuer and Investor Uses)
  4. デリバティブの価格設定における裁定取引、複製、およびキャリーコスト
    (Arbitrage, Replication, and the Cost of Carry in Pricing Derivatives)
  5. 異なる満期を持つ対象資産に対する先渡契約の価格と時価
    (Pricing and Valuation of Forward Contracts and for an Underlying with Varying Maturities)
  6. 先物取引の価格と時価
    (Pricing and Valuation of Futures Contracts)
  7. 金利等各種スワップ取引の価格と時価
    (Pricing and Valuation of Interest Rates and Other Swaps)
  8. オプションの価格と時価
    (Pricing and Valuation of Options)
  9. プット・コール・パリティを用いたオプションの複製
    (Option Replication Using Put–Call Parity)
  10. 一期二項モデルを用いたデリバティブの評価
    (Valuing a Derivative Using a One-Period Binomial Model)
オルタナティブ投資
(Alternative Investments)

7~10%

  1. オルタナティブ投資の特徴、手法、および構造
    (Alternative Investment Features, Methods, and Structures)
  2. オルタナティブ投資のパフォーマンスと収益
    (Alternative Investment Performance and Returns)
  3. 未上場資本への投資:株式と債券
    (Investments in Private Capital: Equity and Debt)
  4. 不動産とインフラ
    (Real Estate and Infrastructure)
  5. 天然資源
    (Natural Resources)
  6. ヘッジファンド
    (Hedge Funds)
  7. デジタルアセットの概要
    (Introduction to Digital Assets)
倫理規範および職業行為基準(Ethical and Professional Standards)

15~20%

  1. 投資プロフェッショナルに関する倫理と信頼
    (Ethics and Trust in the Investment Profession)
  2. 倫理規範および職業行為基準(Code of Ethics and Standards of Professional Conduct)
  3. 職業行為基準 I-VIIのガイダンス(Guidance for Standards I-VII)
  4. GIPSへの導入
    (Introduction to the GIPS)
  5. 倫理規範の応用
    (Ethics Application)
どの項目もまんべんなく勉強する必要がありそうですね!
サイト運営者
サイト運営者
一つ一つ頑張れば合格間違いなし!一緒に頑張りましょう!

ノウハウを整理した7日間のメール無料講座もあるのでぜひ参考にして下さい!

CFA Level I 日本語要点集付き!7日間メール講座【CFA Level I 最短合格方法!】 CFA試験に最短で合格するには、初期段階での試験詳細の把握と適切な勉強方法の理解、学習順序の設定、試験日までのスケジュール管理が...
【極秘】CFA Level I 日本語で合格まで徹底サポート 〜CFA学習Tips Secret Sauce〜 ...